薄毛予防なら

フィンジアの成分が薄毛予防に絶大な効果を発揮

フィンジアの成分
頭皮環境を改善し、薄毛を予防する育毛トニックに「フィンジア」があります。フィンジアを正しく使うことで薄毛予防の効果が発揮されます。

フィンジアの成分

フィンジアに含まれる代表的な成分が「キャピキシル」です。キャピキシルは毛母細胞の活性化を促す効能において、発毛剤に必ず使用されるミノキシジルの3倍の効果が臨床実験で実証されています。

そして、もう一つの有効成分が「ピディオキシジル」です。ピディオキシジルはミノキシジルの配列を一部変えた変えただけのものですが、配列を変えたことによって、効果はそのまま残した上で、副作用の発生を防止する働きが加わりました。

この2つの成分がそれぞれ独自の働きをすることによって、薄毛予防の効果が増進されます。

なお、キャピキシルが5%、ピディオキシジルが2%配合されている商品はフィンジアだけであり、しかもキャピキシルを5%配合していて、1本1万円を切る(定期コース・9,980円)商品はフィンジアだけです。

ゲートアクセス理論

フィンジアを製造している「ユーピーエス」では、ゲートアクセス理論という独自の理論を唱えています。ゲートアクセス理論は簡単に言うと、「毛穴を拡げてより有効成分を浸透させる」ということです。

そのために、カプサイシンというトウガラシに使われている成分を使い、毛穴を拡げます。例えば、辛い物を食べると汗が吹き出ますが、これと同じ理屈です。

そして、毛穴が拡がると、キャピキシルとピディオキシジルが内部にまで浸透して毛細血管の血流を改善します。

その結果、毛乳頭や毛母細胞まで育毛に必要な栄養が行き渡るようになります。

フィンジアの効果的な使い方

フィンジアの効能を引出すためには以下の使い方が有効です。

1.シャンプー後の使用

頭皮が汗や整髪料で汚れていてはフィンジアの効能が薄れるため、必ずシャンプーで頭皮を清潔にした後に使用します。

なお、強い力で洗髪すると頭皮が痛んで逆効果になるため、指を立てずに指の腹で汚れを落とすようにします。

2.使う量

使用する量は薄毛の部分を中心に、1回5プッシュから10プッシュくらいが適しています。量が少ないと必要な量の成分が浸透しませんし、また多いからといって効果が増大するわけでもありません。

3.マッサージで浸透

フィンジアで重要なのはマッサージです。フィンジアを塗った後、血行が良くなるように5~10分マッサージを行います。

ただ、頭皮に負担をかけてはいけないので、頭皮を指の腹で撫でるようにマッサージします。

定期的に使用

抜け毛や薄毛になるのは、毛根にある毛乳頭や毛母細胞に栄養が行き届かないことが原因です。頭皮を常に清潔にし、毛根に十分な栄養が生き渡る環境を与えてあげれば、新しい毛が成長してきます。

フィンジアを定期的に使用することで、薄毛が防止できます。