利益を考える

mineoの特徴とメリットデメリット

mineoの特徴
mineoはサービス開始時にはau回線を使用した唯一の格安SIMとして知られていました。

さらに関西電力系企業である株式会社ケイ・オプティコムが運営している格安SIMサービスなので安心して利用することが出来ます。

そんなmineoは現在ではドコモ回線を使用するDプランが追加となりau回線とドコモ回線を選択可能なマルチキャリアサービスとして展開しています。
※2018年8月より、softbank回線追加

mineoのメリット

mineoのメリットは豊富なプランでAプランからDプラン、DプランからAプランのプランの変更はナンバーポータビリティー扱いとなります。

だから手数料は必要ですが2,000円で済むので大手キャリア、他社格安SIMのMNP手数料と比較して出費を抑えることが出来ます。あと大手キャリアからの乗り換えの場合は毎月のスマホ代をかなり減らせるのが魅力です。

またmineoは沢山の料金プランの中から選ぶことが出来るのもメリットです。

7つのデータ容量から自分に合ったモノを選択することが出来ますし、コース変更もマイページから無料で手軽に行えます。

だから最初は3GB、6GBといった中間容量のコースを試してみて1ヶ月程利用してコースを変更をすることをお勧めします。

さらにパケットシェア、パケットギフト、フリータンクといった家族や知人とパケットがシェアできるサービスがあります。

これは他社の格安SIMサービスではあまりないサービスなのでポイントが高いと言えます。それから大手は2年間の契約の縛りがある会社が多いのですがmineoならデータ通信SIMのシングルタイプ、音声通話SIMのデュアルタイプも最低利用期間がないのでいつでも解約が可能で手数料が発生しません。だから気軽に利用することが出来るのです。

mineoのデメリット

mineoのAプランには直近3日間の通信制限があるのがデメリットと言えます。

ですがmineoのデメリットと言うよりも大元であるau、Appleとの兼ね合いから設定されている様です。だから直近3日間の通信料が6GB以上だとau側の通信速度規制が掛かる場合があると言えます。

それと現時点ではiPhone、iPadにmineoのSIMを挿してテザリングを行うことは不可能です。なのでテザリングを使いたい人にはお勧めできません。

あと気になるのは利用が集中する昼休みは通信速度は遅くなってしまう点です。

【関連】mineoの料金や回線最新情報

Related posts