首のイボ治療

保湿ケアで首イボの悪化や増加を防ぐ!首イボの原因と対策とは?

首のぽつぽつ、ぶよぶよのイボに悩んではいませんか?そのイボの原因は、もしかすると生活習慣にあるかもしれません。

できてしまったものは治療が必要ですが、これ以上増やしたり、イボを刺激して悪化させてしまったりしないためにも、首イボの原因をしっかりと知って、生活習慣を改善する必要があります。

「首イボはそもそもどうしてできるの?」
「大きくなったり増えたりする原因は?」

気になりますよね。そこで当記事では首イボの原因をご紹介いたしますので、首イボ退治にぜひお役立ていただければと思います。

どんどん増える?首イボの原因とは?

首イボは2つに大別することができます。ひとつは老人性のイボ、老化や肌のターンオーバーの乱れなどによって発生するイボです。もう一つはウィルス性のイボ。こちらは文字通りウィルスが原因のイボになります。

中高年の方の肌というのは、若い頃に比べ乾燥し、かさかさとしていることが多いでしょう。また、皮膚のたるみ、皴などによって「引っ掛かりやすい状態」にあると思います。

そうした肌は、つるつるの肌に比べ傷つきやすく、それによりさらにお肌が荒れてイボができてしまうのです。老人性のイボはあくまで皮膚の状態に起因するもので、人に伝染することはありません。

次にウィルス性のイボですが、これは皮膚の傷口などからヒトパピローマウィルスが体内に入り込むことでできます。

ウィルス性のイボは足などにできることが多く、首にできることは稀なのですが、たとえばイボを触った手で首に触り、そこに傷があったりすれば首にもイボができる可能性があります。

ウィルス性のイボをすべて退治するまでは完治することはなく、そして人にも伝染するのがウィルス性のイボの特徴です。

老人性イボ悪化の原因と対策

ウィルス性のイボはウィルス感染により増殖するもので、どんなに気を付けていても少しずつ増殖し肥大化していきますが、老人性のイボは、保湿などによってある程度は増加や悪化を防ぐことができます。

まず第一に大切なことは、しっかりとお肌の保湿を行うこと。すべすべの滑らかな肌は衣擦れなどを起こしにくく、肌をそれ以上傷つけてしまうのを防ぐことが可能です。

同時にビタミンCやコラーゲンなどお肌をサポートする栄養素を積極的に摂るとよいでしょう。

保湿が完璧にできましたら、あとは皮膚を傷つけないように細心の注意を払うだけです。タートルネックを着たり、ネックレスをつけたりすることは控えましょう。

仕事柄ネックレスをつけることの多い方もいらっしゃるかとは思いますが、せめてイボの治療中は外すようにしてください。

それと紫外線にも注意したいところです。日焼けとはまさにヤケドのこと。皮膚を傷つけてしまいます。

外を出歩くときは日傘を差したり、UVケアを行うなどの工夫が必要です。

できてしまったものは……

すでにできてしまったイボは、残念ながら、何らかの方法で治療を行わないと治らないと考えたほうがよいでしょう。

皮膚科で取ってもらうか、市販の薬を飲むか、それともイボケアクリームなどを試すか……色々と方法はありますが、確実に治るのは皮膚科での治療ですね。

首イボのことを調べると、商品を売るためでしょうか、病院に行くよりもイボケアクリームのほうが良いなどといっているサイトも出てきますが、そういうところの情報を信用してはいけません。

治癒の可能性のもっとも高いのは皮膚科での治療であり、医薬品ですらないイボケアクリームが勝ることはあり得ませんからね。

首イボの原因と対策まとめ

以上、首イボの原因とその対策をご紹介いたしました。老人性のイボは、保湿を行う、肌を傷つけ得ることをしない、というのw徹底すれば増加や悪化をある程度は防ぐことができるでしょう。

ただしすでにできてしまったイボ、ウィルス性のイボは何らかの形での治療が必要で、最も確実なのは皮膚科に行くことです。

クリームのほうが良いなどというデマには騙されないように気をつけましょう。