おすすめの取引所

口座を作るなら日本最大の取引所「ビットフライヤー」

ビットフライヤーは国内最大規模の取引所であり、代表的な仮想通貨「ビットコイン」の取引量が日本で一番なのです。

この取引量最大の仮想通貨「ビットコイン」は、2017年8月に分裂して「ビットコインキャッシュ」が生まれました。その後10月にも「ビットコインゴールド」が分裂して誕生しています。大きな話題となったためご存知の方も多いのではないでしょうか。

なんとも話題豊富な通貨です。仮想通貨の世界でさらに人気が拡大しましたね。

そのビットコインを国内で最大量、取り扱っている取引所の「ビットフライヤー」は、セキュリティ面で高い信頼性があるため、太鼓判の取引所なのです。その理由について見てみましょう。

取引所「ビットフライヤー」のビッグな資本金

ビットフライヤーは都市銀行など大企業が株主として名を連ねていて、他と比較してまずは資本金が抜群に大きいのがポイントです。安定性がバッチリというわけなのです。

日本の主要な大規模取引所でいうと、他にザイフやコインチェックがあるのです比較してみましょう。
ビットフライヤーの資本金は41億超え、ザイフの資本金は8億、コインチェックの資本金は1億弱となっています。

ビットフライヤーのスケールの大きさがお分かりいただけると思います。

最先端のセキュリティ

セキュリティも最先端で、設立当時から、複数認証が必要となる「マルチシグネチャウォレット」を国内で最初に導入しています。

オフライン式の「コールドウォレット」や「2段階認証ログイン」など複数のセキュリティを備えて運営され、被害補償面では「不正ログイン保証サービス」を持っています。

何かと信頼性の面で話題になる仮想通貨世界ですが、取引をするなら取引所選びが重要です。その中でもセキュリティ面がしっかり整った取引所が良い、ということになるのです。

オリジナルブロックチェーン技術「miyabi」を開発

仮想通貨のほとんどはブロックチェーン技術がベースになっていますが、優れた技術の中にも通信速度の面などに課題があります。

その課題を克服したオリジナルのブロックチェーン技術を開発したのが「ビットフライヤー」です。国内のメガバンクがそのセキュリティ技術の実用化のため運営実験中なのです。

ビットフライヤーは取引所ですが、同時に最先端のセキュリティ技術を開発・運用している会社なのですね。

まとめ

このように、仮想通貨の口座を開設するなら、セキュリティばっちりで信頼のある取引所「ビットフライヤー」が断然おススメということになります。